abien magicgrill 2022 PR

アビエンマジックグリル2022新型モデルと2021モデルとの製品比較・違いをレビュー

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

累計販売台数13万台、楽天総合ランキング第1位と爆発的ヒットを生み出した「これまでにないホットプレート」であるアビエンマジックグリルが2022年11月にリニューアルしました。
爆発的ヒットの2021モデルのメリット部分は残しデザイン・機能を大幅に進化させ、以下の3点が2021モデルからの変更点です。

  • 4段階の温度調節機能搭載
  • プレートデザイン・サイズ・素材変更
  • 販売価格の変更

リニューアルしたアビエンマジックグリル2022モデルと2021モデルの製品比較をしながら変更点と使い勝手をくわしく解説します。

記事の前半では「アビエンマジックグリル2022モデルの変更点について」、記事の後半は「2022モデルと2021モデルの比較レビュー」を伝えています。

さらにはアビエンマジックグリルユーザー歴2年のこっちが2022モデルを実際に使った感想も公開しています。

        \30日間返品・返金保証付き!/

アビエンマジックグリル2022新型モデルは4段階の温度調整機能が搭載!

出典:公式サイト

2022モデルでは、4段階までの温度調節機能を搭載し待望の保温機能が搭載されました。

2021モデルは強/弱の2段階温度調節しかできず、こまかい温度調節と保温機能がないのがデメリットでもありました。

3人家族用に購入しました。扱いやすさは◎洗いやすいしサイズ感も◎収納の場所もとりません。火力調節は二段階で少し惜しいですね。更に言えば保温機能があればいいなぁ。調理面でチーズダッカルビは、中央付の凹みの部分から両サイドに野菜から出た汁が流れ落ちました。お好み焼きは○鮭のちゃんちゃん焼きも同様に気をつけないと野菜の汁が垂れてしまいます。見た目も素敵でアリですけど、もう少し安いと有難いですね

投稿日:2022年8月6日 楽天市場より

口コミでもこまかい温度調節ができないことや保温機能がないことへのデメリットな投稿がしばしあり、リニューアルで大幅に改良されました。

2021モデル 【180w/250w】強/弱での温度設定
2022モデル 【100w/150w/190w/250w】4段階での温度設定

ホットプレートには、WARM・LOW・MID・HIの4つで表記されています。


強/弱の2段階温度調節しかできなかった2021モデルの熱源ヒーターを新しくしたことでこまかく温度調節ができるようになり、ミディアムレアのステーキやローストビーフなどのこまかい温度で調理が必要なメニューがかんたんにできるようになりました。

出典:公式サイト

さらにはプレートの温度を精密に管理するセンサーレス制御システムを搭載し、食材を置いたときに温度低下が起こることを抑えプレート全面での温度差が少なくなりました。

ホットプレート全体に熱が均等に伝わり、焼きムラや食材が焦げにくく改良されました。

  • 蓄熱性
  • 温度管理性能

2021モデルよりホットプレートの機能が圧倒的に上がりました。

焼肉をしてみたところ、通常のホットプレートに比べ、煙が少なく驚きました。お肉も野菜も素材本来の油分や水分で焼けるので、とても美味しかったです。収納場所に困らず、片付けも簡単にできるので、これからたくさん使いたいです。

投稿日:2022年11月18日 楽天市場より

口コミにもあるように、食材が焦げにくいため煙が発生しにくく部屋のニオイも抑えられます。

熱源ヒーターが新しくなったので消費電力はすこしアップしましたが、2021モデルとの1時間の使用料金差はたったの2.7円なので気になるほどではないと思います。

2021モデル 770w(20.3円)
2022モデル 850w(23円)

アビエンマジックグリル2022新型モデルはプレートの3つのリニューアル!

出典:公式サイト

2021年にグッドデザイン賞を獲得した2021モデルから、さらにスタイリッシュなデザインに改良されました。

それぞれくわしく見ていきましょう。

グラつきがなくなりデザインがよりスタイリッシュに!

デザインの改良は以下のとおりです。

  • ロゴ
  • フォルム
  • スタンド接地面
左:2022モデル 右:2021モデル

ロゴは小さくデザイン・色合いが変わり、スタンド全体に丸みのあるフォルムに変わりました。

左:2022モデル 右:2021モデル

2021モデルはスタンドが突起していたため、コテを使って食材を取り分けたりするときにグラつくときがありました。

2022モデルはテーブルとの接地面が突起から平面になったことで、コテを使った取り分けをしてもグラつきがなくなりました。

左:2022モデル 右:2021モデル

ここは実際に使った人にしかわからないので、ほかのアビエンマジックグリルレビューブログ記事には載っていない内容です。

熱いホットプレートがグラつくと、倒れないとはわかっていても子供がいるので気になっていたので今回のこの改良はこっち的にはとても良い事に感じています!

プレートサイズが5ミリ大きくなった!

左:2022モデル 右:2021モデル

2022モデルでは、プレートのサイズが5mm大きくなりました。

パッと見た目では違いを感じませんが、並べて比較すると大きくなったことがわかります。

とにかく片付けにスペースを取らないところがお気に入り!使い勝手良く、火力調節は2種類。お肉も凄く美味しく焼けちゃいます。私は全くサイズに不満はないですが、家族が多いとちょっと小さいめかもしれません。

投稿日:2022年10月19日 楽天市場より

口コミでももうすこし大きさがほしいの投稿があり、この部分も改良です。

2021モデル 約400mm(幅)×300mm(奥行き)×33mm(高さ)
2022モデル 約405mm(幅)×305mm(奥行き)×34mm(高さ)

たった5mmですが、されど5mmで実際使うとすこしスペースが広くなった気がします。

保温力アップ!プレートの素材変更

プレートの素材が改良され見た目は変わりませんが、さわるとザラッとした触り心地が2022モデルにはあります。

2021モデル ステンレス製(アルミ)
2022モデル アルミダイキャスト鋳造

アルミダイキャスト鋳造へ素材が変わったことでプレート自体に厚みを増し、プレート全体に熱が蓄積されやすくなり蓄熱性がアップしました。

上:2022モデル 下:2021モデル

プレート裏側を比較してみると、2022モデルの方がプレートとヒーター部分が分厚くなっているのがわかります。

左:2022モデル 右:2022モデル

近づくとよりプレートとヒーター部分の厚さの違いから蓄熱性の高さがわかります。

2021モデルでは電源コンセント側の温度がすこし低く焼きムラがありましたが、2022モデルでは焼きムラがなくなったと思います。

電源を入れてからプレートが温まるまで早くなり、プレートが冷めるまでは2021モデルより長くなっています。

アビエンマジックグリル2022新型モデルは販売価格が値上げしました!

価格据え置きではなく4,180円値上がりしました。

2021モデル 19,800円
2022モデル 23,980円

ですが、以下のとおり2021モデルでのデメリットが改良されて性能がアップしました。

  • 4段階の温度調節機能搭載
  • プレートデザイン・サイズ・素材変更

機能が大幅に改良されより使いやすくなったので、4,180円の差は高くはないかなと思います。

週に1回ホットプレートを使うとすると、2021モデルとの差額は1回80円です(4,180円÷52週(1年))

2年目には2021モデルとの差額はなくなるので、ホットプレートをよく使う方は2022モデルが性能や使い勝手からもおすすめです。

楽天ランキングホットプレート部門の月間20位以内にランクインする人気3品との比較しました。

メーカー名 価格
アイリスオーヤマ 8,980円
PRINCESS 24,200円
BRUNO 10,450円
アビエンマジックグリル2022 23,980円

参考:楽天ランキングホットプレート部門(月間)

このホットプレートはすごいです。ずっとブルーノを使っていましたが、ブルーノだと豚肉はうまく焼けないけど、アビエンだと、豚肉カルビの焼肉さえ柔らかく美味しく焼けました。ステーキも焼きましたがめちゃくちゃ美味しいです。大きさは5人家族では小さく、ブルーノと併用していますが、特段不便はありません。ブルーノで野菜、アビエンで肉を焼いています。購入して良かったです。

投稿日:2022年3月24日 楽天市場より

BRUNOを実際に使っている方の口コミからも、美味しく焼き上がりオシャレで片付けがかんたんなホットプレートを求めるなら妥当な価格ではないかなと思います。

2022モデルが11月に一般発売され1ヶ月以上経過しましたが、楽天市場ではすでに11月11日にホットプレート・グリルフライヤーランキングで1位を獲得する人気ぶりは健在です。

        \30日間返品・返金保証付き!/

アビエンマジックグリル2022新型モデルと2021モデルどっちがおすすめ?

ここまでアビエンマジックグリル2022と2021モデルとの比較・違いをお伝えしてきましたが、「実際にどっちがおすすめ?」とまだ頭を悩ませているかもしれません。

おさらいで2022モデルと2021モデルに共通するメリットは以下のとおりです。

  • スタイリッシュなシンプル構造で軽量
  • 油不要!ヒーター全面プレートで美味しく焼き上げる
  • お手入れかんたんプレート分離構造
  • パワフルだけど省エネ
  • 驚く省スペース

これだけでも「美味しく焼けて使いやすくて片付けがかんたんそう」なのが伝わりますよね。

製品仕様を比較して客観的に比較してみましょう。

商品名 2022モデル 2021モデル
価格 23,980円 19,800円
電源 AC100V  50/60Hz AC100V  50/60Hz
消費電力 約850w 約770w
電源コード 約1.8m 約1.8m
本体色 プレート:黒 スタンド:黒 プレート:黒 スタンド:黒
本体サイズ プレート(スタンド込):405mm×305mm×79mm

プレートのみ:405mm×305mm×34mm

スタンドのみ:230mm×57mm×64mm

プレート(スタンド込):400mm×300mm×83mm

プレートのみ:400mm×300mm×33mm

スタンドのみ:220mm×57mm×72mm

ヒーター フィルムヒーター サーキットヒーター
温度設定 4段階

・WARM:100℃・LOW:150℃・MID:190℃・HI:250℃

2段階

・弱:180〜220℃・強:250℃

温度抑制方式 センサーレス抑制
生産国 中国 Produced by Japan 中国 Produced by Japan
保証期間 お買い上げから1年間 お買い上げから1年間
同梱物 プレート・スタンド脚2種・取扱説明書(保証書付き)・電源コード プレート・スタンド脚2種・取扱説明書(保証書付き)・電源コード・簡易レシピ

値段はリニューアルで高くなりましたが、2021モデルのデメリット部分が改良されたのが2022モデルです。

アビエンマジックグリルユーザー歴が2年こっちのおすすめは…2022モデルがおすすめです!

なぜなら、2021モデルのデメリットを大幅に改良しているからです!

機能アップで2022モデルがおすすめな方

2022モデルは以下のような方にぴったりです。

  • こまかい温度調節ができる方がいい
  • ホットプレートを使う頻度が多い
  • プレートの機能が高い方がいい

4段階の温度調節ができてプレートの蓄熱性アップで、2021モデルよりさまざまな調理を楽しめることは間違いありません。

新しくなったヒーターはプレートがすぐに温まり調理ができ、保温機能でゆっくり食事を楽しみたい場合にもこまかい温度調節は使い勝手がほんとうにいいです。

プレートサイズも5mm大きくなり、調理のしやすさは圧倒的にアップしたと実感しています。

もともと2021モデルの口コミが高評価だったうえにリニューアルされているので、より美味しい食事が期待できますよ。

2021モデルより4,180円値段は高くなりましたが1回使う差額はたったの80円。(差額4,180円÷52週(1年)で計算)

1年後には2021モデルと金額的な差額がなくなり、2021モデルのデメリットが改良されたので使い勝手の良いホットプレートでの食事を楽しめます。

節約派・シンプル使いなら2021モデルがおすすめな人

2021モデルは以下のような方にぴったりです。

  • 値段を抑えたい
  • 基本的な機能だけでいい
  • ホットプレートを使う頻度が少ない

2021モデルの爆発的ヒットから約1年でのリニューアルなので、ホットプレートの基本的な機能でいい人や価格をすこしでも抑えたい人は2021モデルがおすすめです。

ホットプレートを使う食事が少ない人もコスパの良い2021モデルでも良いかもしれません。

2022モデルが販売されたことで今後は2021モデルの値引きや各ECサイトクーポン配布が行われるかもしれませんが、執筆現在ではそのような情報はありません。(2023年2月下旬)

アビエンマジックグリル2021モデルが購入できるECサイト一覧

執筆現在、2021モデルを販売しているabien公式ECショップはYahoo!ショッピングのみで、今後は2021モデルの販売を停止していくのかもしれません。(2023年2月下旬)

ここにタイトルを入力
  • abien Yahoo!ショッピング店 両モデル販売中
  • abien 楽天市場店 2022モデルのみ販売中
  • abien Amazon店 両モデル商品掲載なし

アビエン公式サイトの掲載されている正規取扱店一覧から、2021モデルがオンライン購入できるお店を調べてみました。(2023年2月22日現在)

赤文字の店名が2021モデルを販売しているお店です。

正規取扱店名 URL/住所 販売状況
Vie Sub https://www.viesub.jp/shop 販売ヒットせず
エディオン https://www.edion.com 2022モデルのみ販売
100満ボルト https://www.100mv.com ネットショップなし
ビックカメラ https://www.biccamera.co.jp/ 2022モデルのみ販売
コジマ https://www.kojima.net/ec/ 両モデル販売
ケーズデンキ https://www.ksdenki.com/shop/ 2021モデルのみ販売
デンキチ https://www.denkichi.com 2021モデルのみ販売
ヨドバシカメラ https://www.yodobashi.com 両モデル販売
オノデン https://www.onoden.co.jp 2021モデルのみ販売
セブンプラザ http://www.7plaza.co.jp/index2.html 販売ヒットせず
ジョーシン https://joshinweb.jp/top.html 2021モデルのみ販売
ノジマ https://online.nojima.co.jp 販売ヒットせず
ソフマップ https://www.sofmap.com 販売ヒットせず
アントレックス https://www.entresquare.com 販売ヒットせず
イズミ https://www.youmetown.com/shop/ 販売ヒットせず
SKY MUSE https://www.sky-muse.com 2021モデルのみ販売
SAKODA https://www.sakoda.co.jp/shop/ 2021モデルのみ販売
代官山 蔦屋書店 東京都渋谷区猿楽町17-5
how’s https://www.hows.jp 2021モデルのみ販売
SUNDAY MOUNTAIN https://www.sundaymountain.jp 2021モデルのみ販売

アビエン公式ECサイトの中ではYahoo!ショッピングでしか2021モデルは購入できませんが、正規取扱店のネットショップでは2021モデルが購入できるところがまだたくさんあります。

くれぐれもフリマアプリや正規取扱店以外で販売されている商品は品質保証がないので購入しないようにしましょう。

ここまで説明してきましたが、まだアビエンマジックグリルが気になる人はアビエン公式ECサイトからの購入に限り30日間の商品保証があるので使ってみて気に入らない場合でも返金返品保証に応じてくれます。

のちほど詳しく記載しているので、このまま読み進めてください。

         \30日間返品・返金保証付き!/

どこよりも詳しいアビエンマジックグリル2022新型モデル商品レビュー

アビエンマジックグリルがリニューアルすると聞き、さっそく注文をしました。

ワクワクで箱を開けてみると、パッケージもロゴも変わっています!

ホットプレートはサイズが5mm大きくなり、パッケージ箱のサイズがかなり大きくなっています。

テイッシュボックスを置いてみると箱のサイズ感が伝わるでしょうか。

開けると、リニューアルしたプレートが出てきます。

プレートを取り除いた下には、スタンド部分(2脚)と電源コードがあります。

なぜ箱の大きさが違うのか?と考えてみると、リニューアルでホットプレートの重さが2kg→2.3kgへ増えたので梱包材が頑丈になり箱のサイズが大きくなっていました。

プレートを比較するとたった5mmでも大きさの違いが並べるとよくわかります。

サーキットヒーターからフィルムヒーターへ変更し、ホットプレート全体へ熱が伝わるのをより強化した感じがします。

プレートの厚みを比較すると、2022モデル(上)の方が分厚くなっています。

アップしてみると左側の2022モデルはプレート下のヒーター部分も分厚くなっているのがよくわかり、蓄熱性がアップした理由が一目でわかります。

高さはほんのすこしだけ、2021モデルの方が高さがあります。

スタンドのロゴは小さくデザインも変わり、スタンド全体が丸みのあるフォルムに変わりました。

2021モデルはスタンドが突起していたため、コテを使って食材を取り分けたりするときにグラつくときがありましたが、接地面が平面になりグラつきがなくなりました。

電源コードの長さは1.8mと2021モデルと変わりありません。

プレートの素材変更で重さが2kg→2.3kgへ増したので2021モデルよりはズッシリした感じがします。

2021モデルはヒョイと持ち上げることができましたが、2022モデルはズシっとした表現がいちばんあっている気がします。

スタイリッシュなデザインでキッチンに置きっぱなしにしていてもオシャレなのがいいです!

abien楽天市場店で購入したので、30日間の返品・返金保証の案内が同封されています。

こうやって2022モデルと2021モデルをこまかく比較してみると、2022モデルがより使い勝手がいいようにリニューアルされているのがよくわかったかと思います。

アビエンマジックグリル2022新型モデルの最安値は?どこで購入するのがお得?

アビエンマジックグリル2022モデルの価格は23,800円です。

購入できるお店は以下のとおりです。

  • 公式サイト
  • 公式ECモール(楽天市場・Yahoo!ショッピング・Amazon)
  • 家電量販店(ヨドバシカメラ・ビックカメラ・エディオンなど)
  • 正規取扱店

参考:正規取扱店一覧

正規取扱店での購入日から1年間の商品品質保証があり、商品に不具合や不良があった場合は無料で修理・交換などの対応に応じてくれます。

「どの正規取扱店で買うのがお得なの?」と気になりますが、正規取扱店一覧のお店ならどこで買っても価格は変わりません。

  • アビエンマジックグリル2022モデル 23,800円
  • アビエンマジックグリル2021モデル 19,800円

アビエンマジックグリルは値引き販売をしていないので、正規取扱店で使えるポイントやクーポンを使ってお得に購入するしか方法がありません。

ですが、本当にお得に買えるお店は以下の3店舗です。

  • 公式ホームページ
  • abien楽天市場店
  • abien Yahoo!ショッピング店

うれしい30日間の返品返金保証付き!

アビエンマジックグリルは、「とにかくたくさんの人に商品を知ってほしい」という願いがあり公式ECサイトでの購入者には30日間の返品返金保証付きです。

以下のアビエン公式ECサイトで購入した方に限り保証されます。

  • 公式ホームページ
  • abien楽天市場店
  • abien Yahoo!ショッピング店

この特典は購入後30日以内の製品不良等だけでなく、使用して満足しなかった場合も返品返金保証対象になります。

正規取扱店や家電量販店での購入は保証対象外なので、上記のアビエン公式ECサイトの3店舗での購入が断然にお得です。

「2万円を超えるホットプレートだから買ってみてあんまりだった…」なんて損したくない気持ちはよーくよーくわかります。

ですので、アビエンマジックグリルを買おうかどうか悩んでいるあなたにはアビエン公式ECサイトでのお試し購入がとてもいい機会になると思います。

実際に使ってみて「なんだか思ってたのと違う…」なんて感じたなら、購入日より30日以内であれば返品返金保証対象してくれるので気負いせずに購入できますね。

     \30日間返品・返金保証付き!/